山陰ご当地食品(島根、鳥取)と つれづれ山陰日記

山陰地方ってご存知ですか。今も神話の世界が残るこの地方には、ご当地食品がたくさんありますが、マイナーな地方のため、全国には知れ渡りません。山陰ゴマフ屋で販売する山陰のご当地食品をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松江の桜です

だんだん春らしくなってきましたね。
そんな中、天気がよかったのでゴマフ屋のある松江市内の桜を見にいってきました。

松江城の桜と、松江大橋たもとの桜をご紹介します。
きれいでしたよ。
DSC00973.jpg
松江城の桜です。DSC00946.jpg
松江大橋たもとの桜です。
  1. 2011/04/14(木) 17:48:46|
  2. 島根県の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜景スポット 米子城

米子市には、米子城の城跡があります。
この城跡は、中海や弓ヶ浜、大山まで望むことのできる山の上にあります。
お城には詳しくないので、詳しいことは各自調べてみてくださいね。
で、先日、この城跡に登って、米子市の夜景を見てきました。

明るいうちに登って、暗くなるまで待ったのですが、カラスの大群が押し寄せ、ちょっと怖いような気がしました。ほかに登っている人が全くいなかったので・・。

暗くなるにつれ、ポツリポツリと街の明かりがともっていきます。
そして、完全に暗くなると、あらまーきれい。という状態になります。
100万ドルまではいかないかもしれませんが、5千ドルくらいはいくかもしれません。
きれいですよー。
皆さんも見てみてください。

米子城から米子の夜景

しっかし、ここで問題が・・
米子城跡に登る道には街灯が全くない。
頂上には小さな屋根はあるが、トイレがない。山の周辺にもトイレがない。
ここらへん、どうにかしてほしいものですね。
ですので懐中電灯は必須です。
女性の一人歩きはお勧めできません・・・。



山陰のご当地食品は「山陰ゴマフ屋」で http://www.gomafuya.com/
  1. 2011/03/30(水) 05:29:35|
  2. 鳥取県の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木次パスチャライズ牛乳

今日ご紹介するのは、有名商品かもしれませんが
島根県産の牛乳「木次パスチャライズ牛乳」です。
今では島根県に住んでいますので当たり前になってしまっていますが、
初めて飲んだ時「とてもうまい」と思った牛乳です。
一般的な高温殺菌牛乳ではなく、低温で殺菌されていますので、牛乳本来のうまみが残っております。
牛乳の臭みがない、別の飲み物のような製品です。
製造元の木次乳業は、自然農法にこだわっている牧場です。

ゴマフ屋では、以下のアドレスで紹介しています。
http://www.gomafuya.com/9_40.html

0005y
  1. 2011/03/10(木) 22:17:03|
  2. 島根のご当地食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和江かまぼこ 和江の光

今日ご紹介するのは、島根県大田市の上野屋さんで製造されている和江かまぼこです。
こちらの製品はただのかまぼこのように見えて、ただのかまぼこではありません(少し大袈裟かもしれませんが)。
そのきめの細かい舌触りと絶妙な歯ごたえは、かまぼこの中でも上級品の範疇に入ると思われます。
そのまま、または島根の濃厚醤油をつけて食べると絶品です。
かまぼこの表面がギザギザになっていますが、まきすで形を整えるためです。
画像のかまぼこは真空パックになっていますが、山陰地方ではストローで巻かれた「スト巻」というかまぼこが結構出回っています。

和江かまぼこ 和江の光


山陰ゴマフ屋ではこちらで紹介しております。
http://www.gomafuya.com/7_110.html
  1. 2011/03/01(火) 18:25:29|
  2. 島根のご当地食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日オープンしました。山陰ゴマフ屋

今日、山陰ゴマフ屋がオープンしました。
私が探してきた、山陰のご当地食品をそろえていこうと思いますので、見にきてくださいませ。
山陰ゴマフ屋のホームページ
http://www.gomafuya.com/
  1. 2011/03/01(火) 18:13:27|
  2. 山陰ゴマフ屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。